So-net無料ブログ作成

動物病院で超音波検査 など [医療機関での報告]

動物病院から狂犬病の案内はがきが届き、接種を目的に出かけました。
遠藤周作の作品「狐狸庵閑話」(コリャ、イカンワ)で「犬と飼い主はお互い表情が似てくる。特にウ○コのときは顕著だ…」という内容の記載がある。それで我が家はどうか?飼い主とワンコの共通点は、 飼い主は「腎臓結石」、ワンコは「ストロバイト結石」または「シュウ酸カルシウム」による排尿で悩んでいる。ワンコの主食はCDで、治療食である。
今日の診療の様子は↓のビデオのとおり。定期的にワンコも超音波による腹部の検査が必要です。

今回の検査では幸いにも「結石」は確認されませんでした。しかし、治療食は変更することとなりました。そのほかには狂犬病の接種と「フィラリア病」の検査とお薬をいただきました。

nice!(0) 

nice! 0

Facebook コメント